リハビリテーション

  • HOME
  • リハビリテーション

当クリニックでは各種リハビリ機器を導入しております。
腰・肩・膝の痛み等でお困りの方はご相談ください。

超音波療法とは

超音波とは人間の耳では聞こえないほど高い周波数(20kHz以上)で振動する音波と定義されています。この超音波の機械的振動を生体に照射して、治療に働きかける超音波療法です。超音波を照射すると、その機械的振動によって生体組織が加温され、生体内にある数μmの微小な気泡が圧縮と拡張を繰り返し、細胞膜を適度に刺激して細胞を活性化させます。

一般的には1MHzと3MHzの2種類の周波数を使用しますが、1MHzはより深部まで到達するため、大きな筋肉の損傷などの治療に適しています。一方、3MHzは体表~2cm程度の部位に作用するため、表層部の治療に適しています。

超音波療法の治療作用

温熱作用

超音波治療器を連続出力(100%)で使用すると、生体内での機械的振動が熱エネルギーに変換されます。
特に、関節での温度上昇は超短波やマイクロ波よりも大きいとされています。
この温熱作用で以下のような治療作用が期待できます。
(1) 血流の改善・増大
(2) 疼痛の緩和
(3) 組織の伸展性の向上

非温熱作用

超音波治療器をパルス出力(50~5%)で使用すると、生体内の機械的振動によって以下のような働きが期待できます。
パルス出力では熱の発生が抑えられるため、連続出力よりも高い強度で治療できます。
(1) マイクロマッサージ作用
(2) 細胞膜の透過性や活性度の改善

自動牽引装置

腰椎・頚椎を牽引することにより、椎間孔を拡開し、神経根を除圧します。
また、軟部組織を伸張し、マッサージ作用により循環を改善し、筋肉の緊張を緩和します。

ウォーターベッド型マッサージ器

ウォーターベッド型マッサージ器
アクアタイザー QZ-240

水を噴射し、水圧で全身をマッサージします。
刺激が柔らかく、心地よい浮遊感が得られます。

新型電気治療器

新型低周波治療器  ポラリスカイネ PO-3i

電気エネルギーで筋肉を収縮させ、血流を改善し、痛みを緩和します。
ソフトで、深さと広がりのある刺激が特徴です。
表層面ではリンパ管流を増加させ浮腫の軽減作用が期待出来、
中深層では筋収縮作用により血流改善作用で患部の鎮痛を期待出来ます。

適応症状:肩関節周囲炎・変形性膝関節症・膝内症・腰痛症・座骨神経痛 等

マイクロ波治療器

マイクロ波治療器 マイクロタイザーMT-3DSL

マイクロ波は生体の主に水に吸収されて熱に変換され生体を加温します。
電磁波を照射し、体組織の加熱を行います。
深部まで温めることができます。

適応症状:挫傷、捻挫、腱鞘炎などの外傷、関節リウマチの痛み。

空圧マッサージ器

空圧マッサージ器 ドクターメドマー DM5000EX

空圧で脚をマッサージします。
つま先から太ももに向かって順番に加圧してもみ上げます。

ホットパック

ホットパック ハイドロタイザー HC5M

約70℃に温めたパックを患部に当てて加熱し、温熱療法を行います。
循環を改善し、疼痛を緩和します。(保険適用)

超音波治療器

人の耳で聞くことのできない1~3MHzの音波を患部に照射し、
温熱作用により筋肉痛及び関節痛を軽減させます。
パルスで照射した場合は非温熱作用があり、
マイクロマッサージにより浮腫を軽減させ、治療の促進、疼痛を軽減をさせます。