自由診療

ピロリ菌外来(自費診療/保険診療)のご案内

1.ピロリ菌について

ヘリコバクター・ピロリ菌(以後ピロリ菌と略す)は経口感染し、日本人では40歳以上の70~80%が陽性と考えられています。この菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因の菌としてよく知られ、最近では、胃がんや胃の悪性リンパ腫あるいは特発性血小板減少性紫斑病、慢性蕁麻疹にもこの菌の関与が明らかとなってきています。「特に胃がんにおいてはピロリ菌感染がない人は胃がんになることが少なく、逆にピロリ菌に感染していると慢性胃炎から萎縮性胃炎になり、さらに胃の粘膜の荒廃が進むと胃がんになる危険性が高くなってくることが知られています。ピロリ除菌により胃がんの予防が期待されるため、胃炎でもピロリ菌に感染している場合、除菌治療が推奨されています。」
ピロリ菌外来では、ピロリ菌に感染しているかどうかの検査をおこなったり、ピロリ菌に感染している場合の除菌治療をします。料金設定は検査や治療内容により異なります(ただし保険適応疾患での除菌と判断された場合は保険診療となります)。
ピロリ菌の感染を調べる検査には、大きく分けると胃内視鏡検査で粘膜を採って調べる方法と、血液や尿、便、呼気(吐いた息)で調べる方法がありますがいずれも感度・特異度とも80%から90%以上ある検査です。
ピロリ菌の検査や除菌治療を受けてみたかったが、なかなかその機会が無かったという方はぜひ受診して下さい。またご自身が保険診療か自費診療治療かが不明な方、ピロリ菌除菌をすべきかどうか悩んでいる方などもどうぞお気軽にご相談いただければと存じます。

2.ピロリ菌検査及び除菌治療について

(1)自費診療対象となる方
・胃がん予防のためピロリ菌の除菌治療を希望される方
・ピロリ菌に感染しているかどうか調べたい方
・他の医療機関や人間ドックでピロリ除菌を勧められた方

(2)保険診療対象となる方
I 内視鏡検査又は造影検査において胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の確定診断がなされた患者
II 胃MALTリンパ腫の患者
III 特発性血小板減少性紫斑病の患者
IV 早期胃癌に対する内視鏡的治療後(胃)の患者
V 内視鏡検査において胃炎の確定診断がなされた患者

3.診療料金

公的保険が適応できない場合は自費診療となりますので、全額自己負担です。
保険適応疾患で治療が可能な場合はその限りではありません。
自費診療の診療料金は以下のとおりです。(税込み)

ピロリ菌感染の診断のみ 血中抗体 ¥6,120
呼気ガス ¥8,620

(初受診料込み)

4.副作用

副作用があらわれる場合があります。
■主な副作用
・軟便や下痢
 下痢の原因として、抗菌薬による腸管刺激作用や腸内細菌のバランス変化等
・味覚異常
 食べ物の味に違和感を抱いたり、苦味や金属のような味を感じる
・肝臓の機能をあらわす検査値の変動
・まれにかゆみや発疹などのアレルギー反応

プラセンタ注射(ラエンネック)

ラエンネックは、ヒト胎盤(プラセンタ)から胎児の発育に有効な成分を抽出したエキスで、アミノ酸などの栄養成分が含まれている医薬品です。
プラセンタ(胎盤)は、10か月という短期間で1個(直径0.1mmほど)の受精卵を平均3kg、およそ40cmまでに成長させる働きをもった組織です。
プラセンタを注入することによって、全身の細胞組織の新陳代謝が促進され、エイジングケアや疲労改善、冷え性や肩こり・腰痛、アトピー性皮膚炎、花粉症、更年期障害、生理不順など多岐に渡る作用が期待できます。
詳しくはご相談ください。

初診時: ¥1,200
プラセンタ1A: ¥1,000
■エイジングケア
■肩こり、腰痛
■生理不順、冷え症、更年期障害
■アトピー性皮膚炎、花粉症
■疲労改善
■肝機能の改善 など

副作用

疼痛などの副作用報告もありますが、いずれも重篤な症状に発展したケースはないと報告されています。
プラセンタ注射をすると献血ができません。また注射を打ったところに赤い発疹がでたり、発熱したりするなどの症状がでる場合があります。
また、ヒト由来のタンパク・アミノ酸製剤にショック症状を引き起こす恐れがある場合は、ただちに投与を中止します。

男性型脱毛症(AGA)とは?

男性型脱毛症薬プロペシア、フィナステリド(ジェネリック)、ザガーロの処方をおこなっています。(保険外診療)
※診察料は別途必要です(初回3,500円、2回目以降1,960円)

内容 料金
プロペシア錠(28錠) 8,300円

なお、提携薬局での処方となります。

男性型脱毛症(AGA)とは?

思春期以降に始まり、徐々に進行します。 男性の前頭部と頭頂部の頭髪が薄くなり最終的には後頭部と側頭部を除いて抜け毛が進行します。硬毛の軟毛化が引き起こされます。(細く短い毛)

プロペシア、フィナステリド(ジェネリック)、ザガーロの特徴は?

プロペシア、フィナステリド(ジェネリック)は、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換する「5αー還元酵素(2型)」を阻害、ザガーロは「5αー還元酵素(1型および2型)」を阻害する薬剤です。
DHTは毛母細胞の成長を抑制し、髪が太く成長するのを妨げて脱毛を引き起こします。そのDHTの生成を抑えるのがこの薬剤の作用です。また、ミノキシジルとの併用でより作用が高まることも報告されています。

使用方法は?

プロペシア、フィナステリド(ジェネリック):1日に1回1錠(1mg)の経口投与です。
ザガーロ:1日1回1カプセル(0.5mg)の経口投与です。

副作用

食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状などの症状が出現する場合があります。
プロペシア、フィナステリドの服用中は、献血ができません。服用中止から1ヶ月以上経過していれば、献血が可能です。
ザガーロ服用中およびザガーロを服用した最後の日から6ヶ月間は献血ができません
また、服用中は輸血ができません。内服開始後2週間~1ヶ月くらいで「初期脱毛」がおきる可能性があります。

男性型脱毛症(AGA)の情報

こちらに男性型脱毛症(AGA)について詳しい情報があります。

プロペシア http://www.aga-news.jp [MSD株式会社]
フィナステリド(ジェネリック) http://mens-haircare.jp [ファイザー株式会社]
ザガーロ http://hatsumo-web.jp [グラクソ・スミスクライン株式会社]

ED(勃起不全)

※診察料は別途必要です(初回3,500円、2回目以降1,960円)

内容 料金
レビトラ錠(10mg) 1錠 1,200円
シアリス錠(10mg) 1錠 1,200円
シアリス錠(20mg) 1錠 1,300円
バイアグラ(25mg) 1錠 1,100円
バイアグラ(50mg) 1錠 1,190円

なお、提携薬局での処方となります。

副作用

・成人男性のみを対象としています。
 女性や20歳未満の男性に対する、お薬の有用性・安全性はまだ認められておりませんので成人男性のみ治療をお受けいただけます。
・併用してはいけないお薬があります。
 心臓病の薬としてよく用いられるニトログリセリンなどの硝酸剤を併用しますと、急激に血圧が下降し、場合によっては死に至るおそれがあります。
 硝酸剤を使用している方、心臓疾患をお持ちの方は、服用をお控えください。

EDのお役立ちサイト

EDネットクリニック
そもそもED治療とは?どんな診察をするの?ED治療の体験記やよくあるご質問などがまとめられています。

EDかどうか・・・セルフチェックにトライ